大分芸術短期大学同窓会 » 卒業生/在校生へのインタビュー

卒業生/在校生へのインタビュー

卒業生インタビュー 卒業生活動紹介 2018/8/27

河野里菜 音楽科 管弦打コース(H29年度入学)

河野里咲 音楽科 理論コース (H27年度卒業)

インタビューアー 高橋愛実 

情報コミュニケーション学科(H24年度卒)

姉妹で芸短大に入学され、県内/県外、世界においてバンドで活躍されている河野姉妹にインタビューを行いました。

芸短大というと、クラシックやジャズのイメージがありますが、趣味と学業を両立させ、バンドとしても大成した彼女たち。芸短大でどんな生活を送っていたのか伺いました。

(写真 右:BRINKYでのライブ中)

ーーまずはフランクな質問をしたいと思います。最近の趣味はなんですか?

里咲さん:映画鑑賞です。何度も見たい映画はDVDを買うようにしています。最近の好きな俳優はドウェイン・ジョンソンと香川照之さんです。

里菜さん:神社巡りです。神社のご奉仕を始めてから神社について勉強を始めました。日本の歴史がわかるのでとても面白いですね。

ーーどうして芸短大に入学しようと思ったのですか?

里咲さん:芸短大入学前は大分県立芸術緑丘高校の音楽科打楽器専攻の学生でしたので、公開レッスンや特別授業など芸短大の先生に学ぶ機会が多く、先生方を信頼していたことと、芸短大に進学した先輩方にポジティブなアドバイスをたくさん頂いたことから入学を決めました。打楽器ではなく音楽理論コースを選択した理由は、和声や音楽世界史をメインに、自分の知りたいことをマルチに研究したかったからです。

里菜さん:チェロを中学2年生の頃から習い始めて、音楽が学べる大分県立芸術緑丘高校へ入学し、主にクラシック音楽を学びました。もっと音楽やチェロを学びたいと思い芸短大に入学しました。

ーー芸短大入学前から「BRINKY(*1」で活動されていたお二人と思いますが、

里菜さんはBRINKYとして県外ライブ、里咲さんは「少年ナイフ(*2」で世界中でライブをしていらっしゃるかと思いますが、大分でのライブとの違いや、思い出に残っている場所や経験はありますか?

里咲さん:少年ナイフに加入してから、海外ではアメリカ、カナダ、イギリス(イングランド、アイルランド、スコットランド)、オーストラリア、ニュージーランドの5か国で演奏させてもらいました。私の見たどの国も日本と同じで、音楽を自由に演奏できて楽しめる場所があるというのは素晴らしいことだと思いました。ライブの印象において、特に日本との違いは感じません。

思い出に残っているライブは、今年4月のロンドン公演。キャパもステージも大きな会場で、緊張したけれどとても良い経験になりました。この日はウルフルズのケースケさんも見に来てくれました。(写真 右:里咲さん 下:里菜さん)

里菜さん:BRINKYでいつのまにか100回以上のライブをしてきました。沢山の人やバンドと知り合う事もできました。

一番の思い出は、初めて大阪へ行って見た少年ナイフのライブ。

音楽やバンドの楽しさを教わりました。大阪や和歌山の遠征ライブは、旅行みたいに楽しくて、出演者が強烈だったなと思います。県外に出て、かっこいいバンドから学んだ事が多いです。

ーー里菜さんは県外、里咲さんは海外で活動する中で色々刺激を得ることができたとのことですね。里菜さんにおいては、芸短大の授業で色々な音楽に出会うことができているため、バンドの曲作りの参考にもしているそうです。さて、芸短大の話に戻しますが、芸短大で過ごしてきた、過ごしている中で何か思い出に残っていることなどはありますか?

里咲さん:軽音サークルに所属していて、主にドラムやキーボードを担当していました。

歳の近い人とセッションをしたり、いろいろなジャンルのコピー曲を演奏したりすることは今までにない経験でしたので、とても勉強になりました。芸短祭などで軽音サークルとして演奏したことはとても良い思い出です。

ーー私も当時里咲さんと一緒に何曲かバンドができて本当に楽しかったし、勉強になりました。

里菜さんは在学中ですがいかがでしょうか?

里菜さん:オーケストラや弦楽合奏など友達と演奏することがとても印象深いです。

ーー私は人文系出身なので、その演奏には参加したことはありませんが、芸短大のオーケストラは本当に圧巻ですからね。純粋にすごいと思っています。

さて、今後のお二人の目標をお聞きしようと思いますが、何か考えていることはありますか?

里咲さん:英会話力を鍛えて、海外でのラジオ、テレビ収録やインタビューにスラスラ答えられるようになりたいです。日本語でもあまりスラスラ答えられませんが(笑)

里菜さん:全国でライブをしたいです。みんなが楽しめる曲を作りたい。

ーーなるほど。お二人とも視野の広い目標をお持ちですごいです!では最後に、今後、芸短大に期待すること、こんな風な芸短大になればいいなぁというのはありますか?

里咲さん:もっと学科同士でコミュニケーションを取り合って、お互いの視野を広げることができれば、個人のスキルアップに繋がると思います。特に音楽科は他学科とのコミュニケーションが希薄だと感じるので、積極的にイベントに参加して欲しいですね。

里菜さん:大分県の音楽活動といえば芸短大と言われるくらい、いろんな人に音楽の楽しさを伝えて欲しいです。

ーーお二人とも、ありがとうございました。今後もお二人のますますのご活躍をお祈りしたいと思います。

記:芸短大同窓会 広報委員会 髙橋

*1 )BRINKY オフィシャルHP:https://xxmackeyxx.wixsite.com/brinky

*2)少年ナイフオフィシャルHP:http://www.shonenknife.net


2018/8/27 

大分芸術短期大学同窓会
Copyright © 2014 大分芸術短期大学同窓会 All rights reserved.